スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白内障の手術

白内障の手術を受けたおばあちゃん


手術の前の日に家族とともに説明を受けました。
初めにDVDを見ました。
手術の様子を先生が説明しながら受ける人たちみんなで見ました。一日9~10組くらいでしょうか。
何ヶ月も前から予約をしていたのです。

白内障の手術,初めて見ました。

かつては瞳の大きさの半分くらいメスを入れてレンズを取り出していたそうなので、入院が必要だったようです。

ところが、今は切るのは3ミリくらいの大きさだそうです。そこに注射の針のような細い管を入れ、白く濁ったレンズを砕きながら吸い取ってしまうそうです。
麻酔は点眼。
その後、レンズを入れて終わり。傷口も縫わなくても自然にくっつくのだそうです。

軽い白内障の人はそれだけで終了。20分くらいで終わってしまうそうです。


白内障が進んでしまった人はレンズを砕くのに時間がかかったり、吸い出すことが出来ない場合は以前のように入院して大きく切って取り出さないと行けないようです。
また、レンズを入れる袋状の入れ物がきちんとしていない人はレンズを入れてもずれてしまうので、その場合はレンズが動かないように縫い付けて糸を外に出して縛って動かないように固定すると言っていました。あるいは、レンズを入れずにコンタクトやメガネで過ごす場合があるようです。コンタクトの場合は1ヶ月に1度交換してもらいに眼科に通わなければ行けないようですし、メガネの場合はかなりレンズが厚くなってしまうようです。

また、手術は簡単になってきているのですが、術後がかなり大事になってくるようで、水が入ったりこすったりしては絶対に駄目で、シャンプーは自分ではできません。汗が目に入っても行けません。こするのは当然駄目。すぐに傷口が開いてしまうようです。そこからばい菌が入ってしまうと網膜まで駄目になって失明してしまうおそれもあるため、花粉症のようなメガネを寝る時もつけたままで過ごさなければいけないようです。目薬もしっかり忘れずにつけなければ行けません。

わがやのおばあちゃんは軽い白内障だったので、手術はすぐに無事に終わり日帰りで帰ってきました。
もう片方の目は1週間後です。


軽かったせいか、手術してもあんまり変化が無いように感じているようです。
ものすごく世界が変わるよ・・・と周りから聞いていただけに変化の無さにちょっと不満げなおばあちゃん。しなくても良かったかも・・・?と。

でも、先生は言ってました。
「老眼は治りません。そこはメガネで調整して行きます」と。
また、このレンズについて
「このレンズは1度入れたらもう取り出しません。30年は持ちますので・・・」と言ってました。

30年経ったら???
おばあちゃんは100歳を軽くこえるなあ・・・。

うちのおばあちゃん、免許の更新のために手術を決意したのです。
まだまだ運転するつもりのようです。


ちょっと心配・・・

テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

四季の花時計
プロフィール

かたくり

  • Author:かたくり
  • 今までは自慢の大家族だったのですが、おじいちゃんが亡くなり、長男、長女がそれぞれ家を離れて独立したため、急に寂しくなった我が家です。
    現在は、岩手・平泉の大自然の中で、すばらしい風景や草花、たくさんの猫たちに癒されながら暮らしています。
    たくさんのコメント、お待ちしています。初めての方も気軽に書き込んでくださいね☆
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
いつもありがとうございます
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ 人気ブログランキングへ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。